ログ出力用メソッド一覧

LogReceiver にログを出力するメソッド群です。
using NetLog; をしてあれば Log.X という形で利用できます。
 


 

メソッド一覧

public static void v(params System.Object[] Strs)

VERBOSE レベルのログを出力します
 
パラメータ
params System.Object[] Strs
 出力したいログを指定します
 可変長引数なので Log.v("param1", "param2", "param3"); のように指定できます。
 

public static void d(params System.Object[] Strs)

DEBUG レベルのログを出力します
このメソッドが一番利用されるでしょう
Debug.Log() の呼び出しと同等です
パラメータ
params System.Object[] Strs
 出力したいログを指定します
 可変長引数なので Log.d("param1", "param2", "param3"); のように指定できます。
 

public static void i(params System.Object[] Strs)

INFO レベルのログを出力します
パラメータ
params System.Object[] Strs
 WARN レベルのログを出力します
 Debug.LogWarning() の呼び出しと同等です
 

public static void w(params System.Object[] Strs)

ERROR レベルのログを出力します
Debug.LogError() の呼び出しと同等です
パラメータ
params System.Object[] Strs
 出力したいログを指定します
 可変長引数なので Log.e("param1", "param2", "param3"); のように指定できます。
 


public static void e(params System.Object[] Strs)

ERROR レベルのログを出力します
Debug.LogError() の呼び出しと同等です
パラメータ
params System.Object[] Strs
 出力したいログを指定します
 可変長引数なので Log.e("param1", "param2", "param3"); のように指定できます。
 


public static void f(params System.Object[] Strs)

FATAL レベルのログを出力します
パラメータ
params System.Object[] Strs
 出力したいログを指定します
 可変長引数なので Log.f("param1", "param2", "param3"); のように指定できます。