サンプルコード


using UnityEngine;
using NetLog; // using で NetLog を追加すると Log.XXX という形でメソッドを呼び出せます

public class LogTest : MonoBehaviour
{

 void Start()
 {

  // Enabled プロパティに true / false を設定するとログの出力を制御できます
  // アプリケーション リリース時には false にすると良いでしょう
  Log.Enabled = Debug.isDebugBuild;
 }


 void OnGUI()
 {
 if (GUI.Button(new Rect(20, 20, 200, 40), "CONNECT !"))
 {

  // 192.168.50.200 で起動している LogReceiver に 5656 番ポートで接続します
  Log.StartRemoteLogEz("192.168.50.200", 5656);



  // 次のコードはログに表示されません。
  // なぜなら StartRemoteLog は非同期メソッドだからです(1フレーム後から使用可能です)
  Log.d("Try connect");
 }


 if (GUI.Button(new Rect(20, 70, 200, 40), "Log.v"))
 {

  // VERBOSE レベルのログを出力します
  Log.v("VERBOSE");
 }


 if (GUI.Button(new Rect(20, 120, 200, 40), "Log.d"))
 {

  // DEBUG レベルのログを出力します
  Log.d("DEBUG", "param1", "param2", "...");
 }


 if (GUI.Button(new Rect(20, 170, 200, 40), "Log.i"))
 {

  // INFO レベルのログを出力します
  Log.i("INFO");
 }


 if (GUI.Button(new Rect(20, 220, 200, 40), "Log.w"))
 {

  // WARN レベルのログを出力します
  Log.w("WARN");
 }


 if (GUI.Button(new Rect(20, 270, 200, 40), "Log.e"))
 {

  // ERROR レベルのログを出力します
  Log.e("ERROR");
 }


 if (GUI.Button(new Rect(20, 320, 200, 40), "Log.f"))
 {

  // FATAL レベルのログを出力します
  Log.f("FATAL");
 }


 if (GUI.Button(new Rect(20, 370, 200, 40), "Screen Shot"))
 {

  // 現在のスクリーンショットを撮って LogReceiver に送ります
  Log.ScreenShot();
 }
}